セファレキシン250mg犬授乳中吸収外傷咽頭抗生物質世代通販個人輸入

「セフェム系第1世代」の代表的な抗生物質です。セファレキシンは、殺菌性抗生物質であり、犬、猫のバクテリア感染、膿皮症、子宮蓄膿症、周術期感染症対策、その他細菌感染症などにも使われ、ペット医薬品の個人輸入代行サイトのうさパラでも人気の高い商品です。

セファレキシン250㎎効果副作用使い方

セファロスポリンの抗生物質で、バクテリアを殺す作用はペニシリンに似ていますが、セファロスポリンはペニシリンよりも広い範囲の種類のバクテリアに対して効果を発揮します。

セファレキシンは、バクテリアの細胞壁の形成を阻害するように働き、その結果バクテリアは不安定になり、連鎖的に死んでいきます。

その作用を利用してワンちゃん、ネコちゃんのバクテリア感染の治療に使われます。(これには皮膚の感染、肺炎、傷口の感染、骨の感染、膀胱の感染も含まれます)
ただし、寄生虫、ウィルス、ダニ、真菌による感染に対しては効果が無いため注意が必要です。

使い方は、ワンちゃんの場合は体重1kgあたりにつき10~40mgを、ネコちゃんの場合は体重1kgあたり10~20mgを8~12時間ごとに与えます。

使用前に獣医さんに相談して下さい。

副作用としては吐き気、下痢、食欲減退などがまれに起こることがあり、体質によっては赤み、呼吸困難、かゆみなどのアレルギー反応が起こることがあります。
ワンちゃん特有の副作用としては、興奮気味になったり、呼吸が激しくなったり、よだれが出ることがあります。
ネコちゃんの場合は吐き気や発熱が見られることがあります。

セファレキシンの口コミレビュー抜粋

 
動物病院で処方されるものと同じものを探していて見つけました。常備薬として置いています。今のところ使う機会はありませんが、飲まなくて済めばそれはそれで安心なので安心料ということで。

獣医さんの指導を受けて愛犬の皮膚病の治療用に買いました。動物病院で処方してもらうと高価になりますが、うさパラならとても安価に手に入れることができて助かります。

↓セファレキシン250㎎↓

>>100%安心安全ペット医薬品個人輸入通販最安値<<