フォルテコール2.5mg価格猫販売犬副作用効果アピナックレンジアレン心不全

フォルテコールは、高齢の犬や猫にしばしば見られる、心不全や腎不全の治療薬です。これらの病気は治療による完治が容易でないため、投薬は長期に渡りますが、フォルテコールは犬や猫の好むフレーバーに仕上げられているため経口投与が簡単で、飼い主の負担も軽減することができます。

フォルテコール2.5㎎効果副作用使い方

ペットフードや、ペットの暮らす環境の改善により、ワンちゃんやネコちゃんの寿命は伸びる傾向にあります。

そのため、高齢のワンちゃんによく見られる僧帽弁閉鎖不全症や、高齢のネコちゃんによく発症する心筋肥大症、慢性腎不全が増えています。

フォルテコールの主成分「塩酸ベナゼプリル」は、アンジオテンシン変換酵素阻害薬に分類され、血管の収縮・心筋の肥大・腎臓において、水分や塩分の貯留などを促進する「アンジオテンシンⅡ」という物質の産生を妨げる働きを持ちます。

血液中のアンジオテンシンⅡが減少することによって、心臓や腎臓への負担が軽減されるため、僧帽弁閉鎖不全症、心筋肥大症、慢性腎不全の治療薬として使われています。

高齢のワンちゃんネコちゃんに多いこれらの病気は、原因の特定が難しい場合があり、また病状が進行していく病気でもあるため、治療による完治が難しい病気です。

しかし、フォルテコールは心臓や腎臓を保護することによって症状の進行を遅延させ、良好な状態を維持します。

使い方は、1日1回、体重に応じて経口投与します。(食前食後は問いません)

推奨される使用量は、ワンちゃんの場合は、1kgにたいして0.25mg、ネコちゃんの場合は1kgにたいして0.5mgとされています。

塩酸ベナゼプリルにたいして過敏症反応のあるペットには使わないで下さい。

フォルテコール2.5mgの口コミレビュー抜粋

 
もっと早くうさパラさんの存在を知っていたらと思ってしまいます。他の方のレビューを見てわかったことなのですが、フォルテコールの処方代は獣医師によってずいぶん違いがあり、私の場合には不運にも一番高い処方代を払い続けていたようです。いずれにしても、うさぱらさんにめぐり合えて本当に良かったと感謝しています。

今までは獣医師に薬の名前も知らされずに処方されていましたが、先日聞いてみたところフォルテコールという薬だというので、すぐにネットで検索してうさパラさんにたどり着き、購入することができました。何と言っても、価格が4分の1なのでとても助かっています。これからも購入し続けますのでよろしくお願いします。

↓フォルテコール2.5㎎↓

>>100%安心安全ペット医薬品個人輸入通販最安値<<