ベトメディン・フレーバー錠1.25mg副作用価格用量効果ジェネリック購入

ベトメディンは、弁閉鎖不全症(僧帽弁および三尖弁逆流症)や拡張型心筋症に起因する、犬のうっ血性心不全治療薬です。フレーバー錠は通常の物に牛肉の風味が加えられているため与えやすくなっており、ペット医薬品の個人輸入代行サイトのうさパラでも人気の商品です。

ベトメディン・フレーバー錠1.25㎎効果副作用使い方

主成分ピモベンダンには、「ホスホジエステラーゼ」の阻害と心臓の筋フィラメントへのカルシウム感受性増強作用の2つの心筋刺激作用があります。

また、「ホスホジエステラーゼⅢ」の作用を抑制することによって血管を拡張する作用もあるとされています。

使い方は、体重1kgに対して1日0.2~0.6mgを経口投与します。

推奨される投与量は体重1kgに対して0.5mgです。

投与は午前と午後の2回に分け、まず1日の投与量の半分を午前中に、残りを午前中に投与した時間から約12時間後に与えます。

また、エサの時間の1時間ほど前に与えるようにして下さい。

肥大性心筋症だったり心拍によって送り出される血流量が心臓の機能面・解剖学的観点から見て好ましくないとされる場合(大動脈狭窄など)の使用は禁忌とされています。
妊娠・授乳中のワンちゃんに与える場合は、獣医さんの指示に従って下さい。

副作用として、嘔吐などが報告されていますが、その発生は用量に依存することが多いため、通常は使用量を減らすことによって改善できます。

ベトメディン・フレーバー錠1.25mgの口コミレビュー抜粋

 
もうすぐ17歳になるトイプードルがいますが、心臓が弱ってしまって腎臓の数値が高くなり、倒れそうになり、それ以来ずっとこの薬を与えています。一時はもう死んでしまうと思いましたが、皮下点滴をしてこの薬を飲ませたところ嘘のように元気になりました。今も油断はできませんが、年齢を考えるとすごく元気です。普段の食事にも気をつけていますが、それ以上にこの薬は欠かせません。

我が家のラブは16歳半。ご飯に混ぜて食べさせています。もう1年くらい飲んでいて、この薬のおかげで落ち着いているようです。

↓ベトメディン・フレーバー錠1.25㎎↓

>>100%安心安全ペット医薬品個人輸入通販最安値<<