シクロミューン点眼薬

どんなお薬なの?

ドライアイ用の目薬だね。

有効成分のシクロスポリンが免疫機能を抑制することによって涙の分泌や保持に影響する結膜炎や結膜上皮障害、マイボーム腺の炎症を抑え、涙の分泌を促進してドライアイの症状を緩和すると言われているよ。

どうやって使うの?

通常であれば一回につき一滴ずつ両目に点眼するよ。

一度点眼したら、次の点眼まで12時間はあけるようにしてね。

注意することは?

目薬と言えば開封後30日以内に使うこと。これ常識(少し前まで知らなかったけどね)。

空気や細菌で汚染されてしまっているから、30日以上経った物は使わないようにしてね。

副作用としては結膜の充血、かゆみ、刺激痛、視野障害などが報告されているよ。

それらに限らず、おやっと思うような症状が見られたら早めに獣医さんに相談してね。

アレルギーには毒をもって制す?!アレルギーアイリリーフ

どんなお薬なの?

軽く調べてみたけど、目のアレルギー用の目薬みたいだけどよくわからないお薬。

ホメオパシー療法(毒をもって毒を制す的な考え)に基づいた成分を使って作られていて、薬の作用による治療ではなく、生体本来の治癒能力を刺激してアレルギーの諸症状を和らげようっていうお薬みたいだね。

でも成分について調べてみると別にアレルゲンを使ってるとかじゃないし……何だろうね。

どうやって使うの?

商品ページの説明では今ひとつわかりにくくて説明のしようがない……かな。

商品の写真を見る限りでは私たちが普段使っている目薬とはちょっと勝手が違うようにも見えるし。

ただ、「目に注す」っていうのだけは確実だけどね。

注意することは?

目薬の常套句になってるけど、開封した時点から薬液が空気や細菌で汚染されていくから、開封したら一ヶ月以内に使い切ってね。(正確には一ヶ月を過ぎた物は使わないようにね、かな)

薬液が変色していたり、濁っていたりしたら使わないように。

製造・販売元が日本語のページを持ってないと詳細が分かりにくいっていうのは、個人輸入の難しいところかも知れないね。

花粉症の目の症状に!フルメトロン点眼液

どんなお薬なの?

目薬タイプのステロイドで、優れた抗炎症作用と抗アレルギー作用を持っているため、各種炎症(結膜炎や角膜炎、ぶどう膜炎など)や花粉症によるアレルギー結膜炎に効果を発揮するよ。

どうやって使うの?

普通は一日2~4回、一回あたり1~2滴を点眼するよ。

注意することは?

開封すると空気や細菌にさらされるから、30日以内に使い切ってね。

副作用としては結膜の充血や目やに、アレルギー性結膜炎の悪化などが報告されているよ。もしそういった異常があった場合は獣医さんに相談してね。

犬のドライアイなどに!オプティミューン眼軟膏

どんなお薬なの?

ワンちゃんの目に塗るタイプのお薬で、ドライアイや色素性角膜炎、角膜上皮ジストロフィ、慢性表在性角膜炎、乾燥性角膜炎の治療に使われているよ。

どうやって使うの?

上にも書いたけど、目に直接塗って使うんだけど……人間でも少し抵抗があるのにワンちゃんだったらなおのこと。

そんな時にはいきなり真ん中に塗ろうとせず、目尻の方から塗っていくといいみたいだよ。

あと、塗る時には目やにや目の周りの汚れを落としてから塗ってね。

注意することは?

あまり長い期間使い続けるのは推奨されないみたいだね。

あと、催涙作用があるから涙がたくさん出てくるから驚かないでねっていうのと、塗りすぎると逆にかゆみの原因になってしまうから気をつけてね。

ものもらいや結膜炎に!クラビット点眼薬

どんなお薬なの?

クラビットという抗菌力の強いお薬を使った点眼薬だよ。

クラビット自体は人間にもよく使われているから、聞いたことがある人も多いかもね。

効果としては、細菌が原因の結膜炎やものもらい、角膜炎などを治療し、つらい炎症や痛みを取り除いてくれるよ。

どうやって使うの?

一日三回、一回につき一滴を点眼してあげてね。

注意することは?

目薬全般に言えることだけど、開封した時点で酸化や細菌との接触が始まってしまうため、品質や安全のことを考えて開封してから一ヶ月以内に使い切るようにしてね。

最初にも言ったけど、本来は人間用のお薬だから使う時には獣医さんに相談して使ってね。

アレルギーのあるワンちゃんネコちゃんに使う場合は特に注意して使ってね。

今のところこれといった副作用は報告されていないけど、もし異常が見受けられた場合には使うのをやめて、獣医さんに相談してね。

白内障にはこれ!クララスティル

どんなお薬なの?

人間に限らずワンちゃんにも老化現象があって、その結果起こる可能性が高いのが目の水晶体が白く濁ってしまう白内障。

クララスティルは、その濁りを抑制・改善するお薬だよ。

このお薬の何がすごいって、EUの安全規格に合格し、アメリカでは特許を取得、その上初回購入時には返金保証もするというその自信!(ただし、まとめ買いしちゃうと保証が適用されなくなるから注意書きをよく読んでね)

白内障に悩んでいるワンちゃんにぜひとも使ってもらいたいお薬だね。

どうやって使うの?

最初の一ヶ月は朝夕二回、両目にそれぞれ一滴ずつ点眼してあげてね。(一ヶ月経っても濁りが取れてこないようならそのまま一日二回の点眼を継続してね)

二ヶ月目以降は一日一回一滴を点眼してあげてね。(一度改善したからおしまい、ではなくて、眼の健康維持と再発防止のためにもそのまま継続して点眼してあげることをおすすめするよ)

注意することは?

本来は人用の医薬品ということもあるけど、使用の際には獣医さんに相談して使ってね。

抗酸化剤サプリメントと併用すると折角のクララスティルの作用が半減してしまうことがあるからできれば避けてね。

今のところこれといった副作用は報告されていないけど、もし異常が見られた場合には使うのをやめて獣医さんに診てもらってね。

もっと詳しく知りたい方はこちら

目元のトラブルに!エンジェルアイズナチュラルティアーステインパウダー

どんなお薬なの?

これまたお薬ではなくサプリメント。

ワンちゃんによく見られる目やにや涙やけを抑えるというちょっと変わったサプリメントだね。

ただ、涙やけや、それが原因で起こる炎症や臭い、感染症に悩まされているっていう飼い主さんは結構多そうだから需要はあるのかな。(それにしても長い商品名だね)

鶏レバーを配合したワンちゃんも喜ぶ味付けになっていて、メーカーの言うとおりだとすると与え始めて3~5週間で結果が出るっていうからすごいね。

どうやって使うの?

普通にご飯に混ぜたりお水に混ぜたり。(お水は飲みきらないようなら傷んじゃうしおすすめできないかも?)

量としては体重6kg未満のワンちゃんなら一日あたりティースプーンの4分の1、6~22kgのワンちゃんなら2分の1、それより大きなワンちゃんなら1杯が目安となっているよ。(まあ、サプリメントだし目くじら立てて4分の1計る必要もないと思うけどね)

注意することは?

お薬じゃないから副作用は特にないみたいだけど、だからといって度を超えた量を与えたりしないこと。

あとは何か異常を感じたら放っておかないできちんと獣医さんに診てもらうこと。

普段の食事でアトピー改善!オメガペットサプリメントオイル

どんなお薬なの?

これは薬ではなく商品名の通りサプリメントだね。

ペット用(主にワンちゃんネコちゃん)にオーガニック栽培された亜麻仁油、ヒマワリ油、パンプキンオイル、ローズマリー、そしてたらの肝油をブレンドして作られたオイルで、それらに含まれるオメガ3脂肪酸やオメガ6不飽和脂肪酸がアトピーの改善、心臓や血管などの健康維持と新陳代謝の促進などに効果的だとされているよ。

どうやって使うの?

そのまま与えてもいいだろうし、食事に混ぜたりして与えてもいいね。与える量は、ワンちゃんなら体重10kgあたり小さじ一杯を、ネコちゃんなら普通の大きさの子なら小さじ4分の1を一日に与える量の目安としてね。

注意することは?

合成保存料などを使用していないため、冷蔵庫などで保存した方がいいね。

あとは、サプリメントって言っても油だから与えすぎに注意ってところかな。

アトピカのジェネリック!アイチュミューン

どんなお薬なの?

表題の通り、アトピカのジェネリックだね。

免疫機能を抑制することによってアトピー性皮膚炎や乾癬、自己免疫疾患に効果を発揮するよ。

多分、数あるジェネリックの中でも一番安いんじゃないかな。

どうやって使うの?

与え方自体は経口投与だけど、量とかは症状やその度合いによるから獣医さんに相談してね。

注意することは?

上にも書いたけど、使う際には獣医さんと相談した上で使うこと。免疫を抑制するお薬だから、安易に素人判断で使うと症状を治すどころか免疫機能を損なって大変なことになりかねないからね。

だから、年を取ったワンちゃんや弱って免疫機能の弱っているワンちゃんに使う場合には特に気をつけないとね。

副作用としては、嘔吐、軟便、胃腸障害、食欲不振や皮膚の異常などが起こることがあるよ。

もっと詳しく知りたい方はこちら

皮膚のトラブルに!ザイマックストピカルクリームヒドロコルチゾン入りタイプ

どんなお薬なの?

国内販売元サイトに情報がないのと、ペット医薬品の通販サイトによって表記がまちまちなので紛らわしいですが、同じ商品名でステロイドであるヒドロコルチゾンを含むタイプと含まないタイプがあるようで、これはステロイドを含む方だね。

効果としては、怪我をしたところの保護・治療や皮膚トラブルの解消、スキンケアなど、皮膚に関することなら大体の症状に使えるよ。(もちろん、ひどい怪我や皮膚症状が出ている場合はまず獣医さんに診てもらうことをおすすめするよ)

どうやって使うの?

一日二回、患部に塗るだけ。メーカーとしては二週間くらい継続して使用することを勧めているみたいだね。

注意することは?

様々な成分が使われているから、アレルギーを持っている場合は注意が必要かも知れないね。